ケーキをペロペロする奴は大体友達

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケーキのフィルムをペロペロする奴は大体友達

ノーインターネットノーライフ 言うてますけど

誤解しないでください、私はそんな人間ではありません。

誤解しないでよね!私はそんな尻軽女じゃないんだからっっっ!!!

 

こんばんは、みつまりです。

 そうなんです、私ってよく誤解されるんですよ。

尻軽女は実際言われた事無いですけど、まあ本人に向かって言う人はそうそういませんよね。

 

あとこれだけは言っておきたいんですけど過去の事をいつまでも根に持ったりするタイプではないです。右向いて左向いたらもう忘れてる、みたいな?例えるならそんな感じでしょうか。

例えば前回投稿した記事の反応がイマイチだった事とか全然気にしていませんし。いや本当に全然気にしてません全くもって全然大丈夫です、なぜなら私は過去の事を根に持たないタイプなので。

 

しかしまあ性的な事や直接的な事では無くても「あからさまにけなすでも褒めるでもない微妙なラインの形容詞」ってあるじゃないですか

 

例えば

明るい⇔暗い

活発⇔おとなしい

頼りがいがある⇔頼りない

みたいな

 

私は上に挙げた例の大体右側にあるやつを良く言われます。

 

ちなみに小学校の卒業アルバムの後ろに載ってる良くありがちな「クラス内の○○ランキング!」みたいなやつでは「暗い女子ランキング」において堂々たる2位に輝いた経歴があります。

この記事を読んで下さっているみなさん、一生涯残るであろう物の中に「暗い女子」として名前が刻まれた人の気持ち考えたことありますか?本当にありがとうございますという感じですよね。もう20年以上前の事なんで全然気にしてませんけどね、私は根に持たないタイプなので。

 

f:id:mitsumari_blog:20170514161542p:plain

暗い女子1位の子は元気かな

 

まー外見がこれで、以前の記事にも書きましたが普段の生活が生ゴミですからね。

cake-peropero.hatenablog.com

 

そりゃネガティブイメージ強めなのしゃーないわという感じですし、この年になったらえらいもんで、プライベートでは何言われてもどうでもいいしむしろオイシイかなって思うようになりました。

 

でも、10代20代の多感なお年頃の時期はこのネガティブイメージに散々悩まされましたし、今でも仕事面ではネガティブイメージが先行すると不利だなと思う事がしばしばあります。

 

そういえばちょうど今人は見た目が100パーセントとかいうドラマをやってるらしいですけど、あれって言葉だけを捉えれば本当にそうだなって思いますよね。もしかしたらこのドラマは「結局内面が大事だよね」みたいなオチなのかもしれませんが、タイトルだけで勝手に決めつけて話を進めさせて頂きますね。

 

「性格の良いブスと性格の悪い美人、どっちの方がいいか」みたいな究極の二択論ってあるじゃないですか。で、「美人は3日で飽きるけどブスは飽きないから性格の良いブスの方がいい」とか言う人いるじゃないですか。

 

「いやいやそれってただの妥協案やん?普通に飽きないタイプの性格良い美人が最強ちゃうん?」って思いません?性格の良いブスと性格の良い美人だったら絶対性格良い美人じゃないですか?私が男ならたとえ2択しかなくても妥協せずに性格良い美人を追い求めますけどね、キャッチザフューチャーですよ。あと妥協したとしても私は性格悪い美人の方がいいです。

 

すみません、話がそれました。

 

えーと、外見が美人か否かは置いておいて、私が困るのは『見た目だけでネガティブな内面を勝手にイメージされる』事についてです。

 

プラスに働くのであれば外見で判断されてラッキーで終わりなんですけど、そうもいかないのが社会ってものです。

 

私がよく言われるネガティブイメージのうち、特に社会を生き抜く上でシンプルに困るのが「おとなしそう・頼りなさそう」というイメージ。暗いのはもうどうでもいいです。なぜなら私はもうクラスで暗い女子2位という揺るぎない事実が小学校の卒アルに刻まれてるので。

 

いや、勝ち気で利発な体育会系の人と比べれば本当に私などは実際に小心者で消極的でおとなしい地球の資源にもならないただの可燃ゴミみたいな人間なんですけど、これを例えば就職の面接などのシーンで言われると、もーね、これは本当に困ります。

 

今まで数々受けてきたバイトや就職の面接時に見た感じ線が細そうですけど大丈夫ですか?」とフワッとした質問をされた事が何度かあるのですが

これをもう少し分かりやすく表現すると『第一印象からしてめっちゃ頼りない感じですけど貴方には本当にこの仕事が務まるのですか?この仕事を永遠に続けられる自信があるのですか?私達の出会いはデスティニーなんですか?』って事を聞かれている訳で、一応これは面接なので、私も「実際に働いている姿を見てご判断いただければと思いますレットイットゴーありのままで。」みたいな風に返す訳ですけど・・

 

いやあの、面接受けにきておいて「仕事できそうですか?」って聞かれて「出来そうにありません。」って答える人間を採用してくれる会社ってあるんですか?って逆にお聞きしたいです。

 

「大丈夫ですか?」って聞かれて「大丈夫じゃないです。」って答えても大丈夫なんですか?それともこれはとんちか大喜利で答えるパターンの質問なのでしょうか?ってこちらが質問したいですよね本当に。

 

あと、10代の頃に同級生が雑貨店の前で「ちょっとここで待っててー♡」と言い残して店内で万引きしてきたものを私にくれようとしたことがありまして、それを「万引きは良くないしそんなもの貰えないわ。」と言ったら『ふーん…おとなしそうに見えて言う事は言うんやな。』と逆ギレされてそのまま大阪の繁華街に取り残された事があるんですけど、同級生が万引きした事や繁華街に置いて行かれた事はどうでもよくて、それより何より『おとなしそうに見えて云々』のくだりが20年経った今でも思い出すと腹立ちますよね。とはいえ私は根に持たないタイプなので全然気にしてませんけど。

 

おとなしそうな私を万引きした物で買収したところで何のメリットがあんねんって思いましたけど、思い返せばあの子はよく私を餌にしてナンパ待ちしてたんですよ。自分のスペックでは道行く男子に声かけて貰えないから私を餌にしてたんですよね。

 

いや、私を餌にしたところで何が釣れるのかは知りませんしむしろ釣果0の確率の方が高いですよそりゃ。でもあの子にとってとにかく私が餌だった事は自白の銘、よく分からないですけど釣りに例えるならオキアミにミジンコ与えてる感覚でしょうか。

オキアミが何を考えながら生きてるかなんて私の与り知る所ではありませんけど、さすがに釣り針に引っ掛けられた時点くらいで自分のアイデンティティが意図しない方向へと利用されつつある事くらいは気付いてるんじゃないかなと思います。

なのでオキアミの私もさすがに「自分さあ、あれ多分やけどナンパ目的の買収やったやんな?その証拠に後日機嫌取る為にわざわざ謝罪の電話かけてきたよな?他力本願もいいけどさー自分の内も外も磨けよっていうか外を磨けよ。」と思いましたよね。

 

昔は「おとなしそうキャラ」を払拭するために快活な女子を演じようとした事もありましたが、いかんせん天性のものみたいなので諦めました。というか(私は線が細くておとなしくて暗い人間なんだな)という事実を、生後30年くらいでやっと受け入れられたといった方が正しいかも知れません。

 

と、おとなしいイメージで損したエピソードは数知れずですが、私と真逆のキャラ(放っておいてほしいのにやたらイジられる。明るいキャラと勘違いされて変なテンションで絡まれる等々)で苦労している人の話も聞く事がありますので、無い物ねだりといいますか隣の芝は青く見えるといいますか、そういう事なんだろうなと今では思っています。

 

 

それに、線が細いというのはマイナスな事ばかりでもありません。

恋愛においてはどうやら男性視点から見れば「儚げ」に見えたり「清楚」「奥手っぽい」「守ってあげたい」みたいな固定概念が存在するようです、知らんけど。

 

これに関しましては普段の社会で損している分を取り返す勢いで過去には大いに利用させていただきました。

 

パートナーがいた年数と実際の経験人数を照らし合わせると「あれ?なんか時系列おかしくない?計算合わなくない??なくない????」みたいな事がたびたび無くはないと言う事も無きにしもあらずんば虎子を得ずと言った感じなんですけれどもそこは持ち前の「奥手っぽい清楚キャラ」がオーロラの如くまばゆい光を放ち全てを包み込んでくれている事は言うまでもありませんが、その事に関しましてはすべてもう時効という事で大目に見て頂ければと思います。

 

 

 

あ、誤解しないでくださいね、私は尻軽女ではありませんので。

 

 

以上です。